20代フリーターのわたしがチャットレディをはじめた理由

「チャットレディってなに?」

「求人広告のように、本当に稼げるの?」

「本当に安全なお仕事なの?」

 

あなたは、そんな不安を、たくさん持っているのではないでしょうか。

はじめまして、かなといいます。

今回は、
どうしてわたしがチャットレディを始めたのか?
チャットレディをして、どう思ったのか?
それをお話したいと思います。

まずは簡単に自己紹介

スペック……というと、なんだかチャットレディに容姿などが関係しそうであまり使いたい言葉ではないのですが、ある程度「私」がどんな人間なのか知ってもらえる方が身近に感じてもらえると思うので、あえて使ってお話したいと思います。

私は20代で、黒髪メガネのいわゆる地味系です。

学生時代をお話すると、分かりやすいかもしれません。

目立ったりモテたりするようなタイプではなく、教室の隅でひたすら本を読んで自分の世界に浸っている、本当におとなしい地味系です(笑)

見た目のスペックは低いです。

矯正歯科で歯並びの治療もしているので、チャットの際は口もとすら映さない、完全顔出しNGでお仕事をしています。

職業はフリーターです。

しかし、体調が不安定でフルタイムで働くことはできず、体調が安定したときに短時間勤務で雇用されても、体調を崩すたびに退職しなければならず、経済的にも不安定です。

そのため、趣味も満足にできず、好きなカフェでまったり過ごすことや友達とご飯に行くこともままならず、ストレスが溜まってしまう悪循環が多くあります。

そんなときに「女性 高収入」のキーワード検索で見つけたのが、チャットレディのお仕事です。

「完全自由出勤で、顔出しもしなくていい」という文言に惹かれました。

ただ、完全出来高制なのが不安だな……とは思っていました。

実際にチャットレディに応募・面接を経て、このお仕事をやってみようと思えた理由

チャットレディへの応募と面接の日程調整はLINEでしました。

直接電話で連絡することは緊張してできませんでした……。

私のチャットレディの勤務場所は、女性の身の安全のためにも非公開になっており、集合場所が指定され、そこで待ち合わせることに。

面接官(後のマネージャー)は、待ち合わせの5分前に「もうすぐ着きます」と連絡を入れたにもかかわらず、集合場所に10分ほど遅れてくるような方でした。

そもそも本当にこのお仕事が安全で安心して働けるものなのか?と不安の中で面接だった私には、この対応はとてもマイナスに映りました。

(今現在もこのマネージャーの下でお仕事をしていますが、事務所の移籍を考えています。チャットのお仕事ができる事務所は他にもたくさんありますからね)

どうしてマイナスに映ったにもかかわらず、チャットレディのお仕事をしようと思ったか。

それは、お仕事の内容自体は、自分にもできそうだと思えたからです。

パソコン操作はもともとある程度できる自信があり、そこで繋がった男性とお話する。

えっちなことを要求されても無理に応える必要はなく、自分のできる範囲で頑張ればいい。

ただし、完全出来高制だから、稼ぎたい人ほど顔出しをして過激なことをしているかもしれないけど……というお話でした。

さらに、出勤日は当日連絡でもいいことも聞きました。

お部屋が空いていれば、「今日17時から22時まで行きます」等、その連絡だけで出勤できるんです。

私の場合、体調が悪くリアルでたくさんの人と関わるのが難しいときでも、チャット相手の方とお話することはできそう!と感じられたことが決め手になりました。

また、完全出来高制でも、体調が悪くて普通に働くのが難しく休んでいるときに、少しでもお金になるのであれば、私にとってはプラスだなと思ったんです。

出勤日を当日に決められることも、体調が不安定な私にはメリットでした。

チャットレディのお仕事を実際にしてみて

チャットに来られる男性は、本当にいろんな方がいます。

即えっち(チャットに入ってすぐえっちを求めてくる人)がほとんどですが、公言しにくい趣味・性癖の方や、女性とお話するだけで癒やされるという理由で利用されている男性も多くはないですがいます。

初めチャットに待機し始めた頃は、男性の求めるえっちなことに従わなければと思ったこともありましたが、お話だけを好む男性と出会って変わりました。

私のお客様は、えっち相手の方よりもお話相手を求めている方。

女性とお話することに癒しを求めている方とお話することで、私自身も落ち着いた気持ちになれることに気付きました。

えっちを求めている方が圧倒的に多いので、できた方が稼げるとは思います。

実際、私もえっちなことを全くしないわけではありません。

でも、自分が嫌って思うことをしてまで稼ぎたくはない。

お客様がすぐ隣にいる風俗ではないので、嫌なことは断りやすいですし、男性は男性が求めていることをしてくれる女性を探しに行けばいいんです。

今の私は、チャットでがっつり稼ぎたいというよりは、体調とのバランスを見ながら無理なく働きたいという理由でチャットをやっています。

初めチャットを始めようかなと思ったときは、求人にあるような高収入に惹かれてもいましたが、現実はそんなに甘くありませんし、本当に高収入を目指すなら、顔出しや過激なえっち(パフォーマンス)は必須なんだろうなと思うからです。

これからチャットレディを始めようと思う方へ

私のチャットへの考え方や始め方は、がっつり高収入を狙って始めたいと思っている方にはタメにならないかもしれません。

でも、もしこのお話を読んで、私にもできるかもしれないと思う方が増えてくださるのであれば、嬉しいです。

チャットは、自由出勤なので、体調や自分の都合に合わせて働くことができます。

絶対毎日8時間勤務しないといけないことはありません。

顔出ししなくても働くことができますし、男性には自分から言わない限り個人情報も漏れません。

ただし、完全出来高制なのでまったく収入にならない日もあります。

それでも、次出勤したときにお話できる人がいればいいなと軽い気持ちでチャットをやっています。

体調を崩しやすく地味系の私でもできるお仕事です。

少しでも背中を押すことができれば幸いです。

安全に稼ぐなら、チャットレディかメールレディ

あなたとあなたの家族が幸せになるために、自分の手でしあわせになりましょう。

どんな人でも、何歳からでも、たとえ子育て中の専業主婦のママであったとしても、安全に稼げるおすすめの副業があります。
それが「チャットレディ」と「メールレディ」です。

チャットレディ」は、パソコン(スマホでも可)を使って、映像で男性とチャット(会話)をする副業です。
チャットレディのメリットは高収入を稼げることで、デメリットは映像を使うので準備が少し大変なこと。

メールレディ」は、スマホを使って主にメールや画像(映像もあり)で男性とやりとりする副業です。
メールレディのメリットは、時間と場所を選ばずに手軽にできることで、デメリットはチャットレディに比べると報酬単価が低いこと。

チャットレディにもメールレディにも、それぞれ一長一短があります。
あなたのスタイルにあわせて、やりやすい方を選びましょう。

あなたが目標にむかってしあわせになるための方法を、以下の記事で紹介しています。